2007年08月26日

これもいいかも♪

アナログ系宅録派おやじとしましては
アナログ→デジタルへの変換というのが結構切実だったりします。
もうとっくにDAWでDTMやってるよという方々は別として
僕はDAWにどうも馴染めない。続きを読む
posted by 地味・・・偏 at 23:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 楽器・機材など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

アコースティック回帰

何を今更と言われるかもしれないがアコギの音が好きだ。

単純にアコースティック・オンリーの音も好きだが
今回の本題はバンド・サウンドの中で響くアコースティック・
ギターの音だ。

古くはビートルズやヤードバーズもそうだったし、
古今東西(ぅ”、表現が古)数多くのバンドがそうしてきたように
エレクトリックな音の中にアコギの音をブレンドして
音の広がりや厚みを得るという手法が好きだ。続きを読む
posted by 地味・・・偏 at 01:25| Comment(12) | TrackBack(0) | 楽器・機材など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

テレ男復活

この間帰還したテレ男のリペアがようやく完了した。

オリジナルから変更したところも何箇所かある。
ピックガードのビスを本来の銀色から黒に変えて
ブリッジ・サドルに元々三点式が付いていたのを
スパイラル・サドルに換えた。

「スパイラル」の名の通り螺旋というか、ボルトを途中で切った
形で弦をどこにかけていいのか迷うときもあるが、これは慣れの問題か。
オリジナルと同じものが無かっただけだが、まあ良しとしよう。

続きを読む
posted by 地味・・・偏 at 01:47| Comment(5) | TrackBack(0) | 楽器・機材など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

テレ男帰還す

テレ男がようやく帰ってきた。
何と4年ぶりくらいになる。

某所に里子に出していたフェンダー・ジャパンの
テレキャスターだが、機材に疎いせいかモデル名がよぅ分らん。
一応、このブログのプロフィール写真に使っているのと
色・形は同じだが、微妙に違う。

ヘッドのロゴはスパゲティ・ロゴでなく、黒文字のデカールで
Fender、その後に平行なラインでTelecasterと続く。
ロゴからするとTL-72あたりだと思うが定かでない。

続きを読む
posted by 地味・・・偏 at 22:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 楽器・機材など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

年度末に何思う

何かと慌しい年度末ながら次なる年度の目標も立てておかなければいけない訳で・・・。
ま、仕事の目標はさておき(笑)、個人的な目標は

「最低一度はSBOBの会合に顔を出す」

今のところ微妙な線ではあるが、実現の色合いが濃くなってきた。
見学者Aくらいの立場で参加できればいいかなと思う。



続きを読む
posted by 地味・・・偏 at 20:27| Comment(16) | TrackBack(0) | 楽器・機材など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

ようやく

届きました、ダダリオのナイロン弦。
daddario_j32.jpg先日、「岩入」に5セット注文出していたにも関わらず、すっかり忘れてたっす(冷汗)。
昨日電話もらったので早速受け取りに。
送料含めたネット価格と変わらんくらいの金額だが、色々問い合わせなんかをやってくれているのでよくやっていただいたと思う。

早く試したいのは山々ですが、こないだ最後のアニーを貼ったばかりなのでもうちょい先になりそうですな。
音の違いが出るかどうかは録音して試してみたいと思ってます。

アニーのトップ弦はブラック・ナイロンだったが今度のダダリオは通常のやつです。(ん?「ブラック・トレブル」と書いてあるのは、気のせいか?ぁ、写真違いでした。本当はEJ33の方です)
暗い会場で演奏する機会があるのならブラックだと手元が見えにくいかも?とは思いますが、今のところそういうシチュエーションは無いのでどうなのかは不明です。好みの問題でしょうけど。

この5セット使い倒して、改めてフレージングの練習をやっちゃおうというのが主な目的です。
僕はずっとエレキばっかりでやってきたせいか、やたらフレーズに無駄にチョーキングを多用する癖が抜けない。
もっと一音一音、正確にきちんと鳴らせるようにしないとフレーズが生きてこないから、どこかでちゃんと練習したいなと思ってました。

同じようなフレージングでチョーキングで誤魔化すよりもグリスとかでやった方が格好いい場合もあるだろうし、ナイロン弦をかっこ良く鳴らせたらプレイにも深みが出てくるかと。
スーパー・ギター・トリオとかほとんどチョーキングを使うことのないスティーブ・ハウ氏のプレイを見て、まずはイメトレから(笑)。
わずかな一歩でも彼らに近づくのだ〜。ニャロメ(違)。

posted by 地味・・・偏 at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 楽器・機材など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

ガットだぜぃ!(微妙に違うが・・・)

思えば最初に手にしたギターは家にあったガットギターだった。
僕たちくらいの年代だと大体同じようにどこの家にも誰も弾かないのにガットギターが置いてあったりしたもんだ。

うちの場合は父親が大学時代にギタークラブに所属していたので小さい頃はたまにギターを持って古賀政男さんの曲を爪弾いていたのを思い出す。
「酒は涙か溜息か」「湯の町エレジー」なんてのが得意のレパートリーで、いとし・こいしさんが司会する「なつかしのメロディー」というTV番組は必ず付き合いで見ていた。

父親は僕たち子供3人が楽器を手にすることには割りと寛容で、自分でも時折アコーディオンやウクレレやエレクトーンなんかを突然買ってきていた。
それらの楽器はしばらくすると誰も触らず次第に忘れ去られた存在になってしまうのだが・・・。
続きを読む
posted by 地味・・・偏 at 19:12| Comment(5) | TrackBack(0) | 楽器・機材など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

宅録派にはこれいいかも♪

SD08.jpg雑誌ネタですが、「SOUND DESIGNER(サウンド・デザイナー)」の8月号、なかなかに濃い内容です。
ジェフ・ベック氏の表紙でインタビュー記事も収録されてます。
続きを読む
posted by 地味・・・偏 at 02:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 楽器・機材など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

続・あの時手に入れなかったオレ

取り逃がしたもの、思い返せば色々あるもんですね。
 
決して後悔ばかりしている訳ではなくて、「次に出会うチャンスがあれば今度は見送らないよ」という意思決定にもなるし、こういう物欲が仕事の原動力になってるということもあります。お知り合いの中にもあの方とかあの方とかあの方とか・・・(失礼)。
 

それよりも、その時期そのタイミングでそこに行けなかったという方がよっぽど・・・いや、後悔しないぞ!!!
でも行きたかったぞ〜〜!!
次こそはリベで(地 ̄▽ ̄)ノ  (謎)

続きを読む
posted by 地味・・・偏 at 10:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 楽器・機材など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

あの時手に入れなかったオレ

高橋三千綱さん、タイトルを勝手に流用させていただきました。ゴメンナサイm(_ _)m
 
「チャンスはそうそう転がり込んで来るものではない」そして「振り返ってみたらあれがチャンスだったんだよな〜」というご経験はどなたでもお持ちだと思います。
続きを読む
posted by 地味・・・偏 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器・機材など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

追いかけて、追いかけて、追い〜かけてぇ〜行き〜過ぎ〜♪

誰かのネタであったような・・・気にせんとこ。
 

誰しも、聴く音楽はその時の気分に左右されるものです。
気に入った選曲で編集したテープ(すいません、車ではカセットしか聴けないので)でも度々聴いていると段々飽きてくる。

同じアーティストのアルバムでも気に入って何度も聴く曲とそうでない曲とが極端だったりする。
いくらバリバリのハード・ロックが好きでもいつもそのジャンルばかり聴いている訳ではない。

たまにはしっとりと落ち着いたゆったりした曲に浸かってみたい気分の時もあるでしょう。
続きを読む
posted by 地味・・・偏 at 03:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 楽器・機材など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

実は「怪我の功名」だったり(その2)

前の記事がやたら長いな(;^-^A 振り返ったら誰も居ないなんてことにならないでしょうね?
 
続きです。ここから読み出した方は前の記事から読んでいただくと分かりやすいかと思います。
 

その5:Mix Downと音源UP

出来上がった音源を再びSound Engineで取り込んでWAVファイルに落とすまでは
順調にいったんですが、さてこれをどうやったらUPできるのか?
ということになりまして、はたと困った訳です。
このブログ・スペース(Dion Lovelog)にファイルをアップロード出来る機能はありますが、
出来上がったファイルは9.8Mb、ディスク容量には限界がある・・・。
続きを読む
posted by 地味・・・偏 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 楽器・機材など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

実は「怪我の功名」だったり(その1)

ネット上で自分の演奏を晒すという暴挙にでた訳ですが・・・。
 

演奏はともかく音については褒められました〜〜(嬉)
音源UPまでには幾多の困難な道のりがありまして、アナログ・オヤジかなり梃子摺りました。
その辺りの事情を時系列に沿って申し上げてゆきましょう。

続きを読む
posted by 地味・・・偏 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器・機材など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

気が付けばもう50・・・

ぁ、歳の話じゃないですよ。投稿数が50になっちゃったという話です。
 

実年齢は少しだけ若いですから(;^-^A
「記念投稿に音源UPを」と密に考えていたんですが、このところ仕事も雑用も不規則に入っちゃって、他人のブログを訪問する時間はあっても自分のところは放置という状態でしたので、その計画は以後に持ち越しということで・・・。
実はまだ音源UPの方法をよ〜く把握していないんです、ぇぇ。

続きを読む
posted by 地味・・・偏 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 楽器・機材など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

古本屋にはよく行きますが

楽器のヴィンテージには全然興味無かったんです。

古本に限らず中古に手を出すのは単に安いからという以外の何物でも無かったから「高いヴィンテージなんて要らん、いらん」と思ってたんですが、最近ちょっと違う見方をするようになりました。
というのも、自分がこの先あと何年元気でギターを弾いていられるかな?とふと考えたからです。

きっかけになったのは今年の夏前くらいに突然左手に原因不明の痺れと激しい痛みを覚えたことです。なにしろ、商売道具の鞄が持てないくらいに重症でそれが何日も続いて流石に「もしかしたら、かなり・・・ヤヴァイ・・・」とかなりの危機感を覚えてしまいました。

続きを読む
posted by 地味・・・偏 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 楽器・機材など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。