2007年11月25日

行けなかった・行かなかった(その2)

なかったのは「風音(Kazaoto)」と題されたLive、そしてお知り合いのLive。

まずは「風音」の方。

元KBC(九州朝日放送)ラジオのディレクターで岸川均さんという人がいた。惜しくも昨年11月17日に亡くなられたのだが、非常に音楽好きで以前は「歌え若者」という、地元のアマチュアバンドを紹介するラジオ番組を担当しチューリップ、甲斐バンド、海援隊、サンハウスなどおよそ九州出身のバンドで岸川さんにお世話にならなかったものはいないというくらいの人物だった。

岸川さんの定年を記念して行われた98年の「伝説ライブ」は地元出身のアーティストのみならずさだまさし、浜田省吾、山下達郎なども駆けつけ、4日連続で開催された。今回は元ARBの石橋凌さんが発起人となって「音楽で岸川さんを弔い、これを機に岸川さんが生前望んでいた福岡の音楽シーンを盛り上げたいという意思を引継ぎたい」という思いが込められ、始まりの意味をこめて「ボリューム1」としている。

音楽活動をしていたものの、芽が出ず久留米のイタリアレストランでピザ生地を回していた石橋凌さんを、ヴォーカルを探していたARBのオーディションに誘ったのも岸川さんで、サンハウスの動向を案じいつも気にかけていたのも岸川さんである。

今回の目玉は何と言ってもサンハウスの98年以来の再結成である。あのサンハウスが久しぶりに観れる。しかもヴォーカルの「菊」こと柴山俊之さんは還暦、鮎川さんも来年還暦。ひょっとしたら再結成Liveはこれが見納めになるかもしれない。実際には60くらいで枯れるような人たちじゃないけど、そうそう演奏ってはくれないかもしれない。

・・・是非行きたいと思っていたが、大事な仕事が入っていて身動き取れず、断念(泣)。OooooOO~~~h!

(画像はイメージです)

もうひとつ、今日行われたお知り合いのLive。

江戸での開催だが、以前に日程を聞いていてこれも是非観たいLiveだった。何とかスケジュール調整しようとあれこれ画策するも、超繁忙期しかも代わりの人間探すどころか人員がいくらいても足りない状態で、身動き取れず・・・(泣)。

すぬさん、行けなかったよ俺。至極、残念っす。

「仕事してる程暇じゃねえ」と言いたかったっす。

思えば今年は大事なLiveほとんど見逃してるな。エリック・クラプトン&デレク・トラックス、ジェフ・ベック・・・。来年1月4日のこの人たちのLiveも観たいんだが。

現在、ヘビロテ中。「Like Eric」最高です。




>


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

posted by 地味・・・偏 at 23:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
次回、機会がありましたら
LIVE TOUR(見学会)組みましょうね!!(笑)
Posted by Wolfey at 2007年11月27日 06:25
★Wolfeyさん

>LIVE TOUR(見学会)組みましょうね
やりたいですね〜♪
とりあえず1泊半日ツアーなど・・・(ぉぃ!)
Posted by 地味・・・偏 at 2007年11月27日 09:04
岸川さんのお話は何かで聞いたことがあります。
こうゆう方が今後も出てくることを望みますね。

デレクを見に行くつもりでしたが、全日程売り切れ!
ウドーももう少しハコ考えてほしいです。
Posted by ZONE at 2007年11月28日 23:39
★ZONEさん

>こうゆう方が今後も出てくることを望みますね。
本当にそうですね。
岸川さんはご自身が続けられなかった音楽への思いを
後の世代を後押しすることで昇華しようと動かれた方でしたね。
支えてくれる人がもっと増えれば音楽シーンも活気づいてくると思います。

>デレクを見に行くつもりでしたが、全日程売り切れ!
ひゃ〜〜〜、やっぱりすごい人気ですね〜。
思えばクラプトンやベックにも若い才能を拾い上げる意識が感じられます。
日本のビッグ・ネームにもそういう意識をどんどん持って欲しいものです。


Posted by 地味・・・偏 at 2007年11月29日 06:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。