2007年11月11日

迷走するギター

以前の記事で紹介した激安のオーディオ・キャプチャ「デジ蔵音楽版」が届いた。
ようやくこれでちゃんとしたステレオで音源がUP出来ると思い、某SNSサイトで音源を重ねる試みに参加してみようと思い立った。

その前にこのキャプチャが使える機材かどうか試してみようと思い、
前に録った音源を探していたら80年代後半か90年代の自作音源が見つかった。録音データも無いのでよく分からんが、少なくとも十数年は経過しているはず。
作曲のメモで録って音を重ねるつもりがそのままになっていたらしい。
アコギで録ったものは音を重ねているがこれはヴォーカル曲として作りかけていたやつで歌詞はまだ途中である。
最初にリフを作った時はまだ20代の後半でかなりドロドロした歌詞を考えていた。
ま、そのうち完成させよう(と、言ってみる)。



タイトル「愛の枕(仮題)」 歌いだしの歌詞が「愛を枕に〜・・・」となっているので(ぉぃ!)


エレキのやつはこれも作曲の途中で色々途中でコードやらを試している。
こちらはギター1本でマルチ・エフェクターの切り替えだけで音色を変えている。
テレ男のリア・ピックアップだけの漢らしい(ぉぃ!)演奏である。



タイトル「テレ男、吼える」・・・ま、いいじゃないですか(何)。



そして以前に音源UPしたことのある「ボストン・クラブでギブ・アップ」の音を
当時のモノラル音源と今回のステレオ音源で聞き比べてみようかと思った。

が以前のやつ



がステレオ音源版



ふ〜む、安いわりに使えそうだなこのキャプチャは♪
DAWソフトとして「Pod Sound Ripper」というのが付いているが、
録音の段階でそのままMp3にもWaveにもファイル出力できるようになっている。
ビットレートも自由に選択できるから最初に指定しておけば簡単に
アナログ機器からデジタルへ取り込める。
こりゃ楽だわい。
そのまんまファイルの編集も出来るからなかなかいいぞ。

てことで、かんたろうさん、結論は「意外といい」でした。
欲を言えばアナログ→デジタルの取り込みは出来るけど、その逆は出来ないこと


これはほとんどのキャプチャ(オーディオ・インターフェイス)がそうなっているからそこは仕方ないか。
デジタル⇔デジタルみたいな相互やり取りはデジタルのMTRを手に入れるまでおあずけですな。


ところで、色々やってたら肝心の音を重ねるのを忘れてたんですケド・・・orz
posted by 地味・・・偏 at 17:16| Comment(4) | TrackBack(0) | ギター奏法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
帰って、自宅でゆっくり聞かせていただきます!
Posted by Wolfey at 2007年11月12日 13:15
★Wolfeyさん

無駄に長いのでお気をつけクダサイ・・・
Posted by 地味・・・偏 at 2007年11月12日 17:44
おぉ〜〜〜!!!
レポートありがとうございま〜す!!!
聞きながら書いてま〜〜す(^^)
私も入手してみようかなぁ〜〜〜〜♪
「愛の枕」の歌詞が見てみたい、ってか聞いてみたい☆
Posted by かんたろう at 2007年11月13日 06:13
★かんたろうさん

元の音源より若干ハイの音がカットされる感じがありますが
イコライザーの設定で解消されると思います。
この辺はまだ試行中なのではっきりは分かりませんが
接続が簡単なのは面倒くさがりの僕に合ってるようです(笑)。
Posted by 地味・・・偏 at 2007年11月13日 08:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。