2007年08月25日

こっちで言うていいもんか

ま、どこかで風化されちゃう前に言っといた方がいいかと思いまして・・・。

その前に、
佐賀北高校の野球部の皆さん、
夏の甲子園大会での優勝おめでとうございます!

遅ればせながらお祝い申し上げます。で、本題に戻って
マスコミ各社が「がばい旋風」というのを多用してましたが
はっきり申し上げます。





言葉の使い方、間違えとるで〜〜〜〜!!!




「がばい」というのは英語で言うところの「very」つまり
「非常に」という意味の副詞ですわな。
形容詞の前に持ってきて語意を強調するのに用います。
「がばい」+名詞という用法はありません。

島田洋七さんご自身も「がばいばあちゃん」というのは
本来の使い方ではないとおっしゃっております。
メディアの力で間違った用法が世間に流布しませんことを
ただただ祈るばかりでございます。


余談ですが、この「がばい」に相当する博多弁は「ばり」でして
これなんか英語の「very」と非常に語感が近いですな。
博多弁で「ばりよか〜」なんてのはあの辺うろうろしている
外国人観光客の方々にも十分意味が通じます(嘘爆)。

もうひとつ余談ですが、昔聞いた話。

九州の中学生山梨の中学生が修学旅行先の京都の宿で
鉢合わせになって、お互いに一言・・・






「げな!」「ずら!」






う〜ん、どうも「ツクリ」っぽいぞ(笑)!
posted by 地味・・・偏 at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>がばい
広島弁だと「ぶち」ですね。(笑)
Posted by koro83018 at 2007年08月26日 07:51
★koro和尚さん

「ぶち」は今住んでるこちらの地方でも使います。
わりと使用エリアが広いんですかね?
Posted by 地味…偏 at 2007年08月26日 08:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52710641
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。