2006年04月30日

探しきれないもの

やっぱり我が家にはブラック・ホールが存在するようで・・・。
 

「Guitar Speaks」というシリーズをご存知でしょうか?
元ポリスのスチュアート・コープランド氏のお兄さん、マイルス・コープランド氏が立ち上げた、IRS(インターナショナル・レコード・シンジケート)というレーベルでギタリストに思う存分ギターを披露していただこうという企画。

確か1989年頃のことだったと思います。
時代背景を考えるとブラック・ミュージックが台頭し、ブラック・ビートが世の中を席巻しようかという頃。これといって目立ったギター・ヒローが不在のままギター・ミュージックに飢え気味だった人たちにかなりヒットしました。

勿論、ずっと活躍しているギタリストだって当然いましたが、もうバリバリのギター・ミュージックオン・パレードという時代でなかったのは確かです。

言ってみれば、70年代までの、音がスカスカで荒っぽい音楽に慣れ親しんでいた人たちにとってこうした音楽事情は俄かに受け入れ難いものだったようです。
「〜ようです」と他人事みたいに書いてますが、むしろ僕個人の感傷に近いものです。

MTVやその他PVが溢れ、音作りそのものも洗練され、随分良くなったにもかかわらず

多様化する音楽環境についてゆけず、急激に失速し、僕を含めて音楽から離れていった人も結構いたように思います。

仕事環境でも同じように急激な変化を求められ、とても気楽に音楽を楽しむ時間を持つ余裕も無かったのが、そうした事情にさらに拍車をかけました。
皆が皆そういう訳ではないでしょうが、何となくすっきりしないという欲求不満な感情を抱いていた人も居た筈です。

 

このシリーズはそういう時に出現しました。
そして僕と同じ感情を抱いていた人にも、新しい音楽を当たり前と思って聴いていた人たちにも広くアピールすることとなりました。
ほどなくしてシリーズに登場したアーティスト達のLiveアルバムが完成しました。ビデオも同時期だったと思います。

 
NightOfTheGuitarLD.gif

「Night of the Guitar Live!」

僕が持っていたジャケットは赤地に黄色のVol.1だったんですが、画像が無いので他所から拝借しています。
現在は廃盤ですのでリンクは貼っていません、悪しからず。

 
以下、曲目と参加アーティストです。

1.DR.BROWN I PRESUME / PETE HAYCOCK
2.THE IDLER / STEVE HUNTER WITH PETE HAYCOCK
3.LUCIENNE / PETE HAYCOCK WITH STEVE HUNTER
4.GROOVE THING / RANDY CALIFORNIA WITH STEVE HUNTER
5.HEY JOE / RANDY CALIFORNIA
6.LOVE ME TWO TIMES / ROBBY KRIEGER WITH STEVE HUNTER
7.THE KING WILL COME / TED TURNER & ANDY POWELL
8.THEME FROM AN IMAGINARY WESTERN / LESLIE WEST
9.SKETCHES IN THE SUN / STEVE HOWE
10.WURM / STEVE HOWE WITH PETE HAYCOCK
11.NO LIMIT / ALVIN LEE
12.AIN'T NOTHIN' SHAKIN' / ALVIN LEE
13.ALL ALONG THE WATCHTOWER / ALL ARTISTS

 

中でもウィッシュボーン・アッシュの二人が奏でるF、レスリー・ウエスト氏のG、久々に音楽シーン登場のアルヴィン・リー氏のJが気に入ってよく聴いていました。
ずっとバックを務めるスティーブ・ハンター氏の力量にも注目したいところです。

 

【追記】
書き忘れてましたが、このVol.1をそのまま収めたビデオもあります。

レスリー・ウエスト氏が演奏終わって(多分、パッパラルディ氏にだと思いますが)「さらば、相棒」と呟く場面があります。涙もんです!
 
溜まりに溜まった誕生日・・・何とかせねば!

4月23日生まれの有名人は
 EMYLIさん、渡辺 明さん、黒田 勇樹さん、森山 直太朗さん、細谷 はるなさん、IZAM(本名:日根良和)さん、阿部 サダヲ(本名:阿部 隆史)さん、前田 亘輝さん、河田 貴一(本名:河田貴正)さん、ピエルルイジ・マルティニさん、 佐藤 治彦さん、溝口 肇さん、川井 憲次(原子力光学科卒って・・・)さん、叶 和貴子(本名:高松 和貴子)さん、日蔭 温子さん、国広 富之(トミー♪)さん、マイケル・フランシス・ムーア監督、故・河島 英五さん、千石 正一さん、岡田 徹さん、冠 二郎(本名:堀口義弘)さん、大月 みやこ(本名:脇田節子)さん、中村 嘉葎雄さん、田邊 順一さん、望月 あきらさん、園山 俊二さん、故・円谷 一さん、シャーリー・テンプルさん、故・川上 宗薫さん、野村 芳太郎監督、蛯名 武五郎さん、シモーヌ・シモンさん、故ウラジミール・ナボコフさん、故・代田 稔さん、故セルゲイ・プロコフィエフさん、故アルベルト・ブラリアさん、故・上村 松園さん、故ウィリアム・シェイクスピアさんなどなど

 

4月24日生まれの有名人は
中丸 静香さん、村上 てつやさん、大鶴 義丹さん、田島 貴男さん、山本 シュウさん、山咲 千里(本名: 山崎 千里)さん、加藤久さん、松浦 義和さん、嶋田 久作(本名: 嶋田 哲夫)さん、金 萬福さん、ジャン・ポール・ゴルチエさん、つか こうへい(本名:金峰雄)さん、国吉 良一さん、バーブラ・ストライサンドさん、滝口 鉄夫さん、シャーリー・マクレーンさん、故・神代辰巳監督、故ジル・アイアランドさん、桂 由美さん、押川 国秋さん、小針 春芳さん、ルー・テーズ(永遠の鉄人ですな)さん、松本 清(マツキヨ創始者)さん、六角 紫水さん、故エドムンド・カートライトさんなどなど

 

4月25日生まれの有名人は
鶴田 真由さん、増田 太郎さん、児島 未散さん、長谷川裕一さん、鳥羽一郎(本名:木村嘉平)さん、里見まさと(本名:里 道和)さん、太田 淑子(本名:阪 淑子)さん、十勝 花子(本名:加藤恵子)さん、ビヨルン・ウルバースさん(ABBAって今どうしてるんでしょう?)、アル・パチーノさん、故・和泉 宗章さん、ポール・マザースキーさん、本庄 正則さん、富永 一朗さん、三浦 綾子さん、西本 幸雄さん、エラ・フィッツジェラルドさん、クロード・モーリヤックさん、故・岩堀 喜之助さん、故・小川 春之助さん、故オリバー・クロムウェルさんなどなど

 

4月26日生まれの有名人は
武澤 亜沙美さん、畑 大介さん、福留 孝介選手、安田 裕己さん、沢田 周一さん、品川 祐さん、成田 匠さん、田中 直樹さん、加藤 浩次(本名:加藤 浩二)さん、植木 通彦さん、ジェット・リー 〈李 連杰〉さん、伊秩 弘将さん、中西 清起さん、池田 裕行さん(何があったのかは・・・むむむ)、琴稲妻 佳弘(本名:田村 昌浩)さん、島本 和彦(本名:手塚 秀彦)さん、河口 純之助さん、栗山 英樹さん、西原 俊次さん、有栖川 有栖(本名:上原 正英)さん、岩本 正樹さん、琴風 豪規(本名:中山浩一)さん、栃剣 展秀(本名:平野 展秀)さん、大橋 純子さん、新井 宏昌さん、大木 こだま(本名:西山利幸)さん、新谷 かおる(本名:新谷薫、僕はずっと女性だと思ってました)さん、藤波 行雄さん、魁 三太郎(本名:早川修司)さん、風間 杜夫(本名:住田 知仁)さん、ターザン山本(本名: 山本 隆司)さん、 道下 匡子さん、石丸 晶子さん、宮本 敏雄さん、中野 収さん、フランシス・レイさん(僕達の世代で映画音楽といえばこの人でした)、小森 昭宏さん、鶴ヶ嶺 昭男(本名:福薗 昭男、お相撲さん多いな〜)さん、故・胡桃沢 耕史(本名:清水 正二郎)さん、ヘンリー・マンシーニさん、フランソワ・ピカールさん、永島 達司さん、故・南都 雄二さん(夫婦善哉ですな)、A. E. ヴァン・ヴォクトさん、田中 友幸さん、山本 健吉さん、故チャールズ・リヒター(マグニチュードってこの人が提唱したんだっけ?)さん、故・内田 吐夢(本名:常次郎)さん、故・飯田 蛇笏(本名:飯田武治)さん、故フェルディナン・ドラクロアさんなどなど

 

ふぅ・・・(;^-^A

posted by 地味・・・偏 at 22:56| Comment(4) | TrackBack(0) | Rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1989年頃にこんなん出てたんですか・・
一番音楽を聴いてなかった頃だな〜・・

TED TURNER & ANDY POWELL
LESLIE WEST
に感動〜!

聞いてみたいっす!
Posted by t_monk at 2006年05月02日 22:30
★t_monkさん

そうなんです、この時代は僕達の世代が一番音楽を聴かなくなった時期なんです。
オークションだと異常に高かったりします( T-T)A
こまめに探すと出物もあると思います。是非聴いてみてください。
Posted by 地味・・・偏 at 2006年05月02日 23:39
アー、ちょうど就職したりで音楽聞いてないころです。
というか、邦楽誌の編集部に入ったんで、邦楽は聴いてましたが、洋楽は……。

聴いてみたいです。
ビデオのレスリー・ウエストも観てみたいですねえ!
Posted by 細川 at 2006年05月06日 15:03
★細川さん

ウエスト氏は最近メインで使ってるスタインバーガーを持っての登場でした。
相変わらずの爆音と「こんなヘッドが無ぇギター、誰が持ってきやがった」と喚くのが笑わせてくれます。

「THEME FROM AN IMAGINARY WESTERN 」はやっぱり泣けます♪
Posted by 地味・・・偏 at 2006年05月06日 22:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。