2006年03月30日

合わせ技と重ね技

柔道の話ではないんですが、一本取られたなという感じです。
 
ちょっと前の、そして既に忘れ去られようとしている話題に「引越しおばさん」

というのがありましたね。
その音と映像を利用してラップのフラッシュ・ネタを作ったのを見た事があったんですが、

あれはなかなかに秀逸でした。
期間限定だった筈なのでもう見られないと思いますが、作った人も見た人も思わず
「やった〜」と思ったかもしれません。

事件に関係された方々には申し訳ありませんが、面白かったです
勿論何でもかんでも面白がってネタにするのもいささかの問題はあるでしょうが。

異質なものを組み合わせてまた違ったものを生み出していく、そのアイデアや構成力というものに時々う〜んと唸らせるものに出会うのも楽しみの一つですね。
以前Tutom。さんのブログ「創りごと独り言」 でご紹介されていたアフレコのネタ(?)

などもどれだけ発想力があるか、たった3つの短いセンテンスに状況を含めた笑いを

どれだけ収めるかが試される訳で、僕なんか長い文章を垂れ流す人間にとってはかなりな難問でした。
色々考えて結局つまらないものしか出てこなかったので投稿は諦めましたが( T-T)A

 
僕は以前、仲間と共同で当時流行のミニFM局を運営していて、
始めたのが第一次ブームの終わりがけだったので当然後発として
何か特徴を出そうということになり、当時のミニFMが全て音楽中心なのに対し、

トーク中心で持っていこうという企画になりました。
実は僕、トークが一番苦手なんです

どちらかというと企画を考えたり裏方的な仕事に憧れていたんですが、
少ない人数で運営する以上誰かが何かの専任というわけにはいかず、
それぞれが番組を持とうということになったので、アイデアを出しながら
自分の番組でしゃべるというのをしばらくやってました。
 
幸いにしてほとんどが録音番組だったので生でしゃべる緊張感よりはちょっと楽でした。
会話が途切れて困ることがないようにバックで音楽を流しっぱなしにしようとしたんですが、
これは勿論著作権法という壁があって低予算のミニ局には無理な話です。
そこで、ある曲のベースとドラムだけの部分をループにしてフェイド・イン/アウトで

番組の頭と終わりに使うという手法でした。今でいう一種のサンプリングですね。
厳密にいうとこれも著作権法に抵触してますが、ま、時効ということでご容赦ください。

 
何の番組をやっていたかというと、ラジオでの限界に挑戦という企画で

料理番組やってましたムハハ。
実はAM局で一つだけ料理番組があったんですが、それは某国営の局で

真面目な内容でして、僕のは全くおちゃらけた内容を実験的にやってました。
「彼氏に喜ばれる料理(基礎編)〜鶏の唐揚げ 第一回は鶏の絞め方」とか
「スパイスの効いたRockなチャーハン(材料編)〜音楽の細切れの作りかた」、

「オヤジなおじや〜冷めたダジャレとトホホの活用法」・・・etc.

 
若気の至りです。はい、すいませんでしたm(_ _)m
 
 
ま、当時は止める人もいないので

好き勝手に悪乗りしてやってましたが、今思うと顔から火が出るほど恥ずかしい限りですな。
一番大変だったのは音楽の細切れを作って適当に貼りあわせようという企画で、

同じキーの曲を探したり部分部分を取っていくのでとてつもない時間を要しました。
もう一度やれと言われても二度とやりたくないです。
大抵は企画倒れに終わる場合が多いんですが、あの頃の情熱と体力があれば
今ならもっとすごいことが出来るかな?
 
SRCS9824_l.jpg「ピーター・フランプトン」
 
ピーター・フランプトン氏のソロ・アルバムですが、安心して聴けるアルバムです。

フランプトン氏と故スティーブ・マリオット氏は音楽上の相違から反目しあっているのかと思っていたんですが、マリオット氏の晩年にはまた二人でやろうという話が出来ていたらしいです。
残念ながらマリオット氏の悲劇的な死によって実現出来なかったのですが、このアルバムの一曲「Out of Blue」で不思議な共演をやっています。

マリオット氏が生前残したヴォーカル・テープを元にフランプトン氏がバッキングとツイン・ヴォーカルの一方を新たに構成し曲に仕上げています。

この曲が実にいい♪ 最初聴くと「まぁ、いい曲かな」くらいの感想なんですが、聴けば聴くほど味わい深いんです。
ギターを何本も重ねているのに音の濁りが無く澄んだいい音になっています。

しかもサイド・ギターの音色が素晴らしい。
フランプトン氏はつくづくメロディ弾きの名人だなぁと感心すること請け合いです。
 

3月27日生まれの有名人は
樫本 大進さん、浦山 一悟さん、青木 さやかさん、デビッド・クルサードさん、マライア・キャリーさん、川島 郭志さん、ウエノ コウジさん、小橋 健太さん、クエンティン・タランティーノさん、松本 孝弘さん、上川 誠二選手、今井 勉さん、網倉 一也さん、山口 良一さん、高中 正義さん(ぉおお♪)、工藤 美代子さん、左 時枝さん、上村 香子さん、宮本 信子さん、小林 克也さん、若林 正人さん、赤瀬川原平(尾辻克彦、本名:赤瀬川克彦)さん、岸 洋子さん、三好 京三さん、デビッド・ジャンセンさん、田辺 聖子さん、故・梶山 静六さん、故・夢路 いとし(本名:篠原博信)さん、高峰 秀子さん、故・遠藤 周作(狐狸庵先生)さん、故・金子 信雄さん、ジョン・ロビンソン・ピアースさん、松山 英夫さん、故・佐藤 栄作元首相、故グロリア・スワンソンさん、故・岡部 金治郎さん、故・大下 大蔵さん、ファーディ・グローフェさん、故ルートビッヒ・ファン・デル・ローエさん、故・波多野 鶴吉さん、故ウィルヘルム・レントゲンさんなどなど

 

3月28日生まれの有名人は
岡平 健治さん、青木 治親さん(青木三兄弟の何番目だったかな?)、神田 うのさん、フリオ・ズレータ選手、古谷 実さん、長尾 大さん、島津 亜矢さん、水野 真紀さん、的場 浩司さん、佐々木 史郎さん、石田 衣良さん、安藤 勝己さん(アンカツですな)、石坂 啓さん、佐藤 雅彦さん、高田 ひろおさん、平山 泰代さん、斎藤 雅緒さん、野田 義治(イェロー・キャブ大丈夫か?)さん、北の富士 勝昭さん、馬場 康一さん、本多 勝一さん、故・色川 武大(阿佐田哲也)さん、利根川 裕さん、邱 永漢さん、小林 利雄さん、ダーク・ボガードさん、石毛 長次郎さん、故・扇谷 正造さん、故・坊屋 三郎さん、清水 宏さん、桂 三木助 〈3代目〉さん、香川 綾さん、萩原 雄祐さん、黒沢 酉蔵さん、故マクシム・ゴーリキーさん、故・宮部 金吾さん、故カール・バセドーさんなどなど

 

3月29日生まれの有名人は
 滝沢秀明さん、篠原ともえさん、片桐 華子さん、タカハシタクさん、SAICO(本名:鈴木彩子)さん、水井妃佐子さん、田中秀道さん、石川 千亜紀さん、宇津本 直紀さん、FUSSY小林さん、麻生真宮子さん、野沢直子さん、鮎川麻弥さん、江口寿史さん、高水健司(名人♪)さん、 伊武雅刀さん、ボビー・キンボールさん、ヴァンゲリスさん、柴田国明さん、テレンス・ヒル監督、三澤 千代治さん、実相寺昭雄さん、東 吉太郎さん(ヒガシマル醤油ってあんまりこっちで売ってないのね)、大沢浄二さん、中村正也さん、故・花田清輝さん、サム・ウォルトンさん、故・羽仁五郎さん、サイ・ヤングさんなどなど

posted by 地味・・・偏 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。