2006年01月13日

ボトルネックかスライドか

呼び方もそれぞれ、やり方もそれぞれです。僕は同じものという認識ですが。
 
古くはエルモア・ジェームス、サンハウス、ハウンドドッグ・テイラーからライ・クーダー、
デュエイン・オールマンなど有名どころからロリー・ギャラガー、ジェシ・エド・ディビス、
マイク・ブルームフィールド、ロウエル・ジョージ、レス・デューディック、
ジェレミー・スペンサー、シュギー・オーティス、ケリー・ジョー・フェルプス、
デレク・トラックス、ブライアン・ジョーンズ、ジョージ・ハリスン、ボブ・ブロズマン、
デビッド・リンドレィ、ピート・ヘイコック、最近ではソニー・ランドレス、ボニー・レイット、
ベン・ハーパーも忘れちゃいけない、日本では吾妻光良、住友俊洋、日倉士歳朗、
内田勘太郎、おっと、ジョニー・ウィンターもそうだった・・・まだ沢山いるな、
たぶん知らないか忘れてるだけで・・・(以上、敬称略とさせていただきました)。
 
まぁ、スタイルも音色も楽器も弦の太さもチューニングも、使うボトルネック・バーも
あるいはスライド・バーも材質から形状・太さ・長さも実に様々・・・。
ほんと、ディープな世界ですな(汁)。
 

僕がボトルネックをやりだしたのはギター始めてあんまり間が無い頃からだったと思います。
単純に手が小さくて上手くフレットを押さえられなかったので、逃げの一手として使い出した訳ですが、

当然ながら通常のフレージングもちゃんと出来ないガキにボトルネックなんぞ弾けるわけありません(苦)。
当時は乾電池使ってました、

ちゃんとしたの買えないし。
もちろん、オープン・チューニング?何それ?な訳ですから(自爆)、どうやったら

デュエインみたいにエルモアみたいにロリーみたいに弾けるのか皆目見当がつかないまま
徒に時間だけが過ぎて行くのみでした。延々と弦一本で(泣)。
 
F49FEBADL.jpgで、ちゃんとボトルネック演奏りたいなと思ったのが実はこれ
「Eat a Peach」に収録の「Oneway Out」だったんです。
全く身の程知らずというか、ここでもヲバカ炸裂でした。
ただ救いだったのはこの曲をマスターするためにリフを一所懸命練習して、

未だに指慣らしに手癖として身体で覚えているということなんです。
コピー嫌いの僕がかなり真面目にコピーし続けた貴重な一曲なだけに、

生涯忘れないレパートリーとして残る。
やはりコピーは基本です(当たり前か・・・)。

 
変なところで結論付けちゃいましたが、またこのネタで引っ張りそうだなぁ・・・(;^-^A
 

1月13日生まれの有名人は
真矢さん、TOMOE(中ノ森BAND)さん、伊藤蘭さん、太川陽介さん、秋本奈緒美さん、

CHARAさん、設楽りさ子さん、SAMさん、長山洋子さん、柴田光太郎さん、いがらしみきおさん、

船山基紀さん、中西俊夫さん、安部恭弘さん、故・相米慎二監督、志賀勝さん(初めて見た時はホンモノかと思いました)、野沢那智さん、阿刀田高さん、田中一光さん、故・田谷力三さん、故シャルル・ペローさんなどなど

posted by 地味・・・偏 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター奏法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25159466
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。