2009年03月01日

腹の底から

声を出すというのは発声法でもよく言われることだが、
これが出来そうで出来ない、なかなかに難しいことだ。

プロのヴォーカリストは大抵、そういうレッスンを積んでいると
思うんだが、テレビで見ていてもこりゃ酷い、聞くに堪えない
なんちゅう歌手も多々いますな〜

ぉっと、イカン。いきなり悪口から入るのは悪い癖でした(汗)。
リリースのたんびにレコードじゃなかった、CD売れまくってる
25〜6歳くらいの、表情が変わらない女性歌手・女優なんてのが
その筆頭ですな。ま、僕の主観というか、単純に好き嫌いで
書いてますのでファンの方々には申し訳ないんですが、
「どうして、面と一緒でのっぺらぼうな、こんなど下手
歌い方するやつが売れてんだろう?」なんて思っちゃうもんで・・・。

これ以上書くと危ないな・・・


「歌のチカラ」というものを再認識したのはたぶん大学時代の
コーラス部での「枯れ木も山」を経験してからだと思うんだが
それでも歌うことには抵抗があった。
再三再四言ってるように、僕は自分の声が大嫌いで、
その声量の無さ、音域の狭さ、リズム感の無さ、音程のふらつき
・・・とにかく歌うことに対するあらゆる要素というか資質が
欠けていることに深い絶望を日々味わっているわけで、
だからといってそれを克服するレッスンをするわけでなし
誰かについて一からやり直すなんてこともせずにいる、
典型的駄目ダメパターンを延々繰り返すだけのダメおやじですな。

それがどうしたことか、意外と音楽が好きなので始末におえない(苦笑)。

あろうことか、自分で曲を作るなんてことさえやってるから
話はややこしくなるんだろうね〜
まあ、向こう見ずというか、恐れを知らんというか・・・。
下手の横好き、ここに極まれり。


中高生の時分から、楽器やってる人なら誰でも経験あると思うが
適当にコードやらリフやらの練習していて偶然、

「これ、結構イケるかも♪」


なんてフレーズが出てくると勘違いしちゃうもんで、
そこで一曲作ってみるかなんてことになっちゃう。
でも、思いつきの根気なんて続くわけないから途中で頓挫(笑)。
そういうストックが徐々に溜まって、ある日突然、
友達や同僚の結婚式に呼ばれて何か余興をやらなきゃならない羽目に陥る。

そこでこの究極の勘違い野郎が

「自作の歌を贈ろう」


と思っちゃうとさあ大変!
ああでもない、こうでもないと散々捏ね繰り回してやっと
完成の暁には、どこかで聞いたような歌詞とメロディの、
アルバムの中の「捨て曲」レベルのものが存在しているわけだ(泣)。




これは、あくまで僕の事例であって、世の中のアマチュア・ミュージシャン全てに当てはまることではないと思う。
しかし、誰でもスタートは同じ。
プロでやってる人たちも初めはみな同じようなもんだろう。
今までお会いしてきた(数は少ないが)プロのミュージシャンの方々も大体そういうことをおっしゃっていた。
要は、続けられるだけの情熱と根気と少しばかりの運があれば大丈夫だと。


ええと、違う話を書くつもりでいたのに、いきなり脱線しちゃったが(汗)、
好きなヴォーカリストのことについて。

ヴォーカリストが100人居れば100通りの個性があって然るべきで
好きなヴォーカリストを挙げていけばキリがないが、
その中でも、僕が思う三傑は

トム・ジョーンズ
スティーヴ・マリオット
ポール・ロジャース


の、お三方。

この三人に共通しているのは、その声量とハリのある、
ダイナミックなハスキー・ヴォイスである。
しかも、どれだけ声を張り上げても喉が壊れないという、
実にウラヤマシイ特質を持っている。

トム・ジョーンズには「She's A Lady」にやられた。









人によっては好き嫌いがあると思うが、どんなジャンルでも
歌いこなせる力量と、この天性の声!かなわんな〜(当たり前だ!)


スティーヴ・マリオットは「30Days in a hole」のちょうどいい動画が見つからなかったので、
Humble Pie時代の十八番、「C'mon Everybody」を。






ポール・ロジャースはFREE初来日の映像から。
懐かしのテツ山内氏がベースを弾いておられます。
実はコゾフが来られなかったので、ギターはロジャース本人が弾いてます。
たしか、この時の前座がクリエイションだったような・・・。






天性の声と喉・・・憧れるな〜
posted by 地味・・・偏 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114968135
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。