2009年01月15日

ブックレビュー

昨日、ちょっとした時間待ちでふらっと本屋さんに立ち寄った。

何気なく目に止まったのがこんな ↓ 本。






今春より裁判員制度もスタートすることだし、
今のところ何も言ってこないので当面、
自分がその立場におかれることは無いと思うが、
「人が人を裁く」ということの難しさは常々感じている。

売れるためには仕方ないのだろうが、
このタイトルにはツッコミを入れたいところ。
改めて人を裁くことの難しさを感じさせてくれる本だ。

2ページ見開きで、右ページにその言葉と、
それが発せられた法廷の情報、左ページに筆者による解説と
所感が書かれている。
読みやすい内容だし、ご興味のある方は値段も手ごろなので
是非、ご一読お勧めしたい。
posted by 地味・・・偏 at 23:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
色んな批判はあるようですが、私は裁判員になってみたいです。
でも多分、当たらないと思ってます。
もし当たっても、当たった!って言っちゃいけないようなので、Blogでつぶさに紹介するにとどめますが・・・(笑)
Posted by koro83018 at 2009年01月18日 16:30
★koro和尚さん

僕もなってみたいような、なりたくないような・・・

平均的な裁判官で年間200件以上、
最高裁ともなれば数千件の案件を抱えているそうです。
不眠症になるかも・・・(苦笑)
Posted by 地味・・・偏 at 2009年01月18日 18:48
お久しぶりです。
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。(*- -)(*_ _)ペコ

私は裁判員制度は不安です。
個人的感情を挟んじゃいそうで、自信が無いです。(^^;)
Posted by 十六夜月花 at 2009年01月18日 20:53
★十六夜月花さん

お久しぶり〜です!

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

>個人的感情を挟んじゃいそうで
それもあるんですが、こうやって「対岸の火事」みたいな感情で
あれこれ論じている分にはいいんですが、いざその場に臨んだら
たぶん原告・被告・傍聴人よりもガチガチに緊張しそうです(滝汗)。

Posted by 地味・・・偏 at 2009年01月18日 21:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112666825
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。